雪で真っ白の春日の風景

先日、というか今年の1月も2月も雪がよく降ります。

これは2月12日の外の風景です。

春日雪

ルーフバルコニーにも雪が積もっていましたが
薄っかったので雪だるままでは、作れそうになかったです。

それで寒いので外に出るのを諦めましたよ。

雪を見ていると、息子が小学1年生くらいの時に
親子3人で12月に、雪を見るために
札幌に2泊3日で旅行したのを思い出します。

懐かしいです。

中島公園で歩くスキーをしていたら、
転んでしまったり・・
途中で急に吹雪になって、あわててホテルに戻ったり・・

道を歩いていると転びそうになったり・・

大通り公園で雪だるまを息子と一緒に作ったりもしました。

温まる鍋料理を食べたような気もします。

19年くらい前の話になるので
かなり記憶があやふやになってきています。

覚えているうちに書き留めることって大事かもですね。

無意識だと記憶に残りませんし
記憶しているつもりでも、月日が経てば
忘れてしまっていることも多いです。

雪の思い出、覚えていたいなと思いましたよ。

今日は、久しぶりにぽかぽか良い天気。

ルーフバルコニーに出て、青空を眺めたり
ローズマリー、タイム、ガーデンシクラメンの
元気な様子を観察したりしていました。

のんびり過ごしていますよ。

この何気ない日常が、天国なのかもですね。