庭の草イチゴ(野イチゴ)が初めて実りました!

本ページはプロモーションが含まれています
花やハーブ・ガーデニング

庭の草イチゴ(野イチゴ)が初めて実りました!

去年、道端の雑草に混じって生えていた草イチゴ(野イチゴ)を採取して庭で育てていました。

3月に花が少し咲いていました。
そこで期待していたら、ちゃんと赤いイチゴができました^^

1年ですごく伸びて実がなるのは、さすが雑草の中でたくましく育っていた草イチゴです。

去年採取した場所は、今年は、綺麗に刈られているようで跡形もありません^^;

我が家の庭に根付いてくれて嬉しいです。

小さい頃、近くの野山で母と一緒に採取した野イチゴ(草イチゴ)をジャムにしたりと楽しんでいました。

その後、ずっと食べていなかったので食べたいなと思っていたら、熊本の道端で見つけて喜んだのが去年です。

しかし、よく育ってくれました^^
そして5月の初めに熊本では実るんですね。
故郷の唐津では5月末に実っていました。

同じ九州でも熊本の方が南だから早いのでしょうね。

少しですが赤く輝いて見えました

これはちょっと立派でしたよ。
甘くて美味しいイチゴでした^^

来年はもっと増えるかな?
植木鉢に植えているので地植えに変えようかなとも思います。

草イチゴは落葉小低木

この草イチゴ、雑草というより細いですが低木だと思います。

調べてみたら、やっぱり、バラ科キイチゴ属の落葉小低木です。
キイチゴの仲間なんですね^^

草イチゴの呼ばれる理由を引用します。

別名、ワセイチゴ(早稲苺)
クサイチゴは背丈が20-60cmと低く、草本のように見えるため、このように呼ばれるが、実際は木本である。生命力は強く、刈っても、根から生えてくる。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B4

確かにパッとみたら草に見えます。

花は3月に咲いていましたがこんな感じで真っ白で可愛いのです。

もっと大きくなってイチゴが増えたら、思い出のジャムを作りたいなと思います。

*共通案内*心も体も健康で長生きする10のコツ
薬剤師の知識と経験もフル活用で実践し効果を実感中の情報が無料
お金が沢山あっても健康じゃないと楽しくない!
今からでも健康になって笑顔で楽しく長生きしよう
アンチエイジングで美肌になり最期まで元気に暮らしたい人へ
詳しくは↓
花やハーブ・ガーデニング
スポンサーリンク
シェアする
サト愛をフォローする
美味しいガーデンでスローライフ!サト愛健康日記
タイトルとURLをコピーしました