オシロイバナの花色の不思議!花に色が混ざる理由を調べてみたら・・

本ページはプロモーションが含まれています
色が混ざるオシロイバナ 花やハーブ・ガーデニング

オシロイバナの花色の不思議!花に色が混ざる理由を調べてみたら・・

オシロイバナの花は、1つの花に色々な色が混ざっていることが多いです。

こちらのオシロイバナもレモンイエローの中に少し赤が混じっていますね。

不思議なので、オシロイバナの花1つに色が混ざる理由を調べてみました。
以下に引用します。

1つの花で白色、黄色、赤色の 3つの斑入りになっている花もあります。
この斑ですが、「動く遺伝子」といわれるトランスポゾンが活躍しているためです。
ベタレイン合成系は、未だにその全部の酵素と遺伝子がわかっていませんので、現在では推定に過ぎませんが、次のように考えられています。
C遺伝子やR遺伝子に「動く遺伝子」入り込むと遺伝子の働きが阻害され色素が作られなくなりますが、その「動く遺伝子」が飛び出すとこれら遺伝子の働きが復帰し、ベタキサンチンもしくはベタシアニンが合成されるようになり、黄色あるいは赤色の花の色となります。
白色というのは色素が作られていない(白色の色素と言うのはありません)ことで、オシロイバナの場合はC遺伝子もR遺伝子も働いていない部分が白くなります。

引用元:https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=2060

動く遺伝子のトランスポゾンが活躍して、色が混ざったり抜けて白くなったりするようですね。

このオシロイバナも黄色に赤が混じっています。
同じ茎から赤い色と黄色い花が咲いている姿は、不思議で面白いなと思います。

これは真ん中がピンクになっていますね。
オシロイバナ真ん中がピンク

これは、珍しくどれも同じような色合いです。
動く遺伝子のトランスポゾンがおとなしかったのかもですね^^
レモンイエローのオシロイバナ

こちらは、赤いオシロイバナは固まって咲いていますが同じ茎から黄色い花も咲いているようでした。
オシロイバナの花の赤

*共通案内*心も体も健康で長生きする10のコツ
薬剤師の知識と経験もフル活用で実践し効果を実感中の情報が無料
お金が沢山あっても健康じゃないと楽しくない!
今からでも健康になって笑顔で楽しく長生きしよう
アンチエイジングで美肌になり最期まで元気に暮らしたい人へ
詳しくは↓
花やハーブ・ガーデニング
スポンサーリンク
シェアする
サト愛をフォローする
美味しいガーデンでスローライフ!サト愛健康日記
タイトルとURLをコピーしました