キンセンカ(カレンジュラ)の種から芽が出た!【育成記録】ハーブの効果

花やハーブ・ガーデニング

キンセンカ(カレンジュラ)の種から芽が出た!ハーブの効果と育成記録

ハーブのキンセンカ(カレンジュラ)の種を楽天市場で買ったので植えていました。

すると順調に芽が出てきたので記録します。

キンセンカの花のハーブとしての効果も一緒に記載します。

キンセンカはポットマリーゴールドとも呼ばれますが、フレンチマリーゴールドとは別のものなので、わかりやすくキンセンカまたは、カレンジュラと呼びたいと思います。
トウキンセンカとも呼ばれます。

キンセンカの花は、エディブルフラワー(食用花)です。

キンセンカ(カレンジュラ)の種から芽が出た!

キンセンカ(カレンジュラ)の種まきをしたのが2022/09/07です。

芽が出そうになったのが9/10です。

ニョキッと芽が2つ出たのが昨日の9/13です。

スクスク大きくなってくれると良いなと期待しています。

2022年9月21日追記
少しだけ大きくなっています。

またキンセンカ(カレンジュラ)の芽に変化が出てきたらここに追記します。

キンセンカ(カレンジュラ)ハーブの効果

キンセンカ(カレンジュラ)ハーブの効果は、ツイートしていたので以下に引用します。

以下に書き出します。

キンセンカの種を
植えたので効果を確認💚眼精疲労や胃炎対策

リンパ系浄化で免疫力up

皮膚や粘膜の修復や保護する作用

女性ホルモン様作用で生理不順に良い

🍀but妊娠初期は飲み過ぎない事
キク科アレルギーの人は飲まない事

ハーブティーで1日3杯程が目安☺️

キンセンカは目に良いルテインが豊富なので、花が咲いたら、ハーブティーにして飲みたいと楽しみにしています。

そしてお肌の老化予防、エイジングケアにも良いので、楽しみです。

以下にエビデンスを引用します

キンセンカの水溶性抽出物には、イソラムネチン(メトキシケルセチン)配糖体であるチファノシド、ナルシシンが主要なフラボノイドとして検出されました。イソラムネチンは抗酸化作用の強い物質で動脈硬化予防、循環障害、皮膚老化予防、抗炎症作用、皮膚再生作用、脳代謝改善作用さらに血管収縮作用、止血作用もあります。
引用元:https://www.saticine-md.co.jp/rd/furusato/3797

タイトルとURLをコピーしました